個人輸入って難しい?

「個人輸入って難しい?」のイメージ画像

セミントラのような慢性腎臓病治療薬は、本来獣医師の処方がなければ購入できません。しかし、海外からセミントラを取り寄せる場合には処方箋は必要ありません。このように海外から取り寄せることを個人輸入と言いますが、現在では個人輸入で愛猫に使用する薬を購入する飼い主が増えています。

個人輸入の利用に関しては、国で認められているため誰でも自由に行なえます。
しかし、実際に個人輸入をするとなれば、やり取りは外国語で販売店への値段の交渉や発注、税関での手続きなど全て自分で行わなければなりません。
不可能とは言えませんが、一般の方が行なうのは簡単ではないでしょう。

しかし、現在では個人輸入の手続きを一括して引き受けてくれる代行業者が存在しています。個人輸入代行のサービスを提供しているサイトでは、全て日本語で表記されており、欲しい商品を選んで注文の手続きをするだけなので非常に簡単です。ネット通販でお買い物をする感覚で海外からセミントラを取り寄せられるので、とても便利です。

通販(個人輸入代行)では、セミントラのような動物病院で扱われている薬が多数扱われています。海外製なのでパッケージや説明書きはすべて外国語ですが、中身は日本製と変わらないので安心して愛猫に使用できます。


上へ戻る